スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日という日

改心して、

平日から無限大だった生き甲斐の夜遊びを断ち、

買い物も我慢して、

友達と会いたいけど我慢して、

仕事に励もうと

自分なりにがんばったのですが、

それでも人並み以下らしく、

思った以上にがっかりです。

そして救いの電話をかけたら

その人その電話のせいで警察捕まっちゃったし。

あー、なんかー、凹むー。

え?そんなにそんなにダメな最低レベルなんですか?私。

私なりに一生懸命だったんですけどねー。

今日だって実は体調不良で辛かったけど

薬と栄養ドリンク飲んでがんばったんですけどね。

て、ここにそれを綴ってるようじゃダメなんか。。

帰ったら唯一、愛犬がしっぽふって飛び込んで来てくれて

正直泣けました。

だから明日からまた引き蘢ろうと思います。

都会なんかにもう出て行かねえ。


スポンサーサイト

mix juice

ども。

公園で無邪気な顔をした幼稚園児に

ウ○コがこびりついた犬を強引に手渡され、

リアクションに困った私です。


今夜使用した材料。

ココナッツ(シャンプー)
  +
ホワイトムスク(ボディソープ)
  +
ストロベリー(ボディクリーム)
  +
グレープフルーツ(歯磨き粉)

どんな味がするんですかね。

お召し上がりはお早めに。

補足ですが

先ほどのブリュッセルへの旅でのこと。

初完全一人日帰り旅in ヨーロッパ!で、
私は列車の中で重いデジタル一眼レフと切符を握りしめ、
心は不安と緊張と期待でいっぱい。

ついに着いたブリュッセルの駅は薄暗く、
外はそこまで危なそうな空気はないけど油断は禁物。

何系?あの布に包まれた女性たちは。
とりあえず他国の物乞いがちらほら。
ちょっとフラフラした、
カナダでいうならhasting st.の方みたいなのもいるし。。

でもここは大丈夫かな?と思って
アーケードの所で一眼レフを手にした、



その時!






な、なんと、







電源つかねえ。。。。

で、電池が、、、ない。。。

そういや昨日充電してそのまま、、、。

仕方なく何年ぶりかに使い捨てカメラを買い、
あとは携帯のカメラで数枚パシャ。
ありがとう最新携帯。

一日重いカメラ無駄に持ち運んで、疲れたよ。

Brussel

今更だけどヨーロッパ旅行記まだまだ綴りますよ。

小心の旅でブリュッセルに行ってきました。
オランダから安いし近いしで、おすすめです。
PAP_0045.jpg横になってしまった。。

オランダと雰囲気自体は大して変わらず、
でもちょっと金縁建物とかきれいでしたよ。
チョコ屋さんたくさんあって、天下のゴディバも安かったですう。
日本で有名なベルギーワッフルは丸ですが、
ブリュッセルは四角が主流。PAP_0033.jpg
外はカリっと、中はもちふわっと。
おいしゅうございます。

確かベルギーはフライドポテトの発祥の地です。
そして私の大好きなムール貝のワイン蒸しもベルギーからのはず。
なんであのムール貝ってポテトが必ずセットなんですかね?
ベルギーだからか?

ちなみにビールもたっくさんあります。
おみやげやさんは相当高値をつけてるので
近くにあるのでスーパーとか売店で買いましょう。
PAP_0028.jpgチェリービア激うます。

有名な小便小僧は見てガッカリていいますよね。
でも実物はその噂以上にガッカリすぎてびっくりです。
手のひらサイズだと思ってください。
変な洋服着せられてるし。

あと、怪しげな一角に小便少女なるものがあります。


         はい。PAP_0035_20080919022229.jpg
この日は閉鎖されてたんですが、
フェンスの隙間をぬって撮影した力作です。
ちなみにここには掲載できませんが、
もう一枚については、
「そ、そこまでリアルにする必要ある。。。?」てくらい、
精妙に作られてるのが一目瞭然な角度で撮られています。

カフェ的なところでホットドッグ注文したら
でっかいバゲットにソーセージ2本挟まってきました。
ビバ☆食いしん坊。


その昔、

短大卒業して初めて就職した会社で、

めちゃかわいくてかっこよくもあり

とてもおっしゃれーな先輩がいました。

20歳の乙女からしたら28、9歳の女性なんて

かなりの大人ですよね。

でも新人にも優しく気さくで、

多趣味だからおもしろいし、話も結構あったり。

年の差を全然感じさせない、

女性も憧れるような女性でした。

でも、

よく鼻がテカってました。



そして月日がたった今、

私の鼻も同じテカリを出すようになりました。

肌の老化だけはどうにもできませんね。

でもせめて彼女のような存在でありたいです。

脳内革命

ネットしすぎて、調子がおかしいです。

金曜からカウントすると80時間くらいしてます。

ただネットサーフィンしてるんじゃなくて

一応調べものがたくさんありましてね。

ネットがなくては生きて行けないです私の生活。

あとパソコンも。

でもいい加減、限界がきたらしく、脳みそがゆらゆらしてます。

ららららい。

dangerous

今日は時差ぼけを口実にずっと家にいました。

でもご飯はしっかり三食、おやつ付きでたべました。

なのに夕飯後、またお腹が減って来たので

さきほどチョコかじったらとまりません。

非常に危険なお菓子です。

ヨーロッパに行った事ある人なら知ってるかもですが、

これ、おいしす。
R0010866.jpg
日本では卵形のチョコの中におもちゃが入ってるやつ、

それがはやっていたような気がするけど。

私は断然これをゴリゴリ押します。

オランダでもドイツでもスペインでも見たので

他のヨーロッパの国にもあるはず。

今頃になってユーロがお手頃になってきました。

悔しいので今からもう一度行ってきます。

嘘です。

また、そのうち行けたら行きますがね。



進化し続ける女

hey yo!

帰国しましたyo!

今年一番の暑さだったyo!

思いっきり夏服ででかけたら

街中の人々はすっかり秋模様だったyo!

海やプール行ってないのに、

「また焼けたね」て言われたyo!

最近は日差し浴びるような場所に行ってないのに

毎回言われるyo!

とりあえずまだ残ってる旅行記また書くyo!

ちぇけらー。

Stockholm

ストックホルムはママが好きな街の一つで、
すごい行くのがたのしみでした。

でも、すっごく、すっごく辛い事があったので
多くは語りません。語れません。
写真もほとんど撮ってませんし、
お土産買いたかったけどそれどころじゃなかったし。
時折神様はうっかりやりすぎないたずらをするようですね。

それを除けばすごく素敵な街でした。
新しい街はスタイリッシュなお店がたくさん。
ディスプレイもおされ。DSC_1094.jpg DSC_1146.jpg
カフェもおされで時間があったらお茶したかったー。

旧市街?古い町並みも雰囲気があり、DSC_1115.jpg
かわいいお店もたくさん。
よさそうなレストランもちらほら。

今度は落ちついて、また出直したいです。
話聞いてくれた友達、ありがとう。

Wedding party

スウェーデン人とポルトガル人のカップルの結婚式に行きました。
たぶんスウェーデンスタイルなのでしょう。

教会で行う流れ自体は日本と変わらん感じ。DSC_0997.jpg

てか、日本が真似てるから?
でも聖歌隊とか民族衣装着てる人がちらほらで
やっぱスウェーデンだね。DSC_0986.jpg

ご祝儀とか包まなくて、個人的にプレゼントを送るらしい。
現金だったり、物だったり、様々。
引き出物もなく、小さな箱がそれぞれの席に置いてあり
その中には新婦の好きなチョコが入っててかわいかった。

そして夕方から披露宴みたいなのがあって、
そのテーブルの配置は日本とちょっと違ってて、
で、その後の流れが日本と全然違ったー。
披露宴で二次会三次会ノリをしちゃうの。
つまり家族や上司も三次会まで一緒、みたいな。
さすがヨーロッパ人、オープンだね。

しかもポルトガル陣は出し物はノープランで
とりあえず歌い始めて盛り上がってたし。
さすがですヨーロッパ人、その度胸。DSC_1057.jpg

で、ダンスタイムがあって、
パートナーがいても他の異性とぴったーーりダンス。
で、時にはおでこにキッスしちゃったり。
ありがとうっていうフレンドリースキンシップらしい。
それをほほえましく見てるパートナー。
さすがだね、ヨーロッパ人。
日本人なら完全問題じゃね?
カルチャーショックでした。

そんな刺激的な夜は朝の7時まで続いたそうです。
私はショックと疲れで早々に退散しましたが。

とても素敵な結婚式でした。DSC_1011.jpg
そして改めて文化の違いを感じました。
ヨーロッパ人、恐るべしです。

Sweden

パリから帰ってすぐにね、スウェーデンいったんだ。
トランポリンする為にね。DSC_0860.jpg


って、そんなわけないじゃん。
知り合いの結婚式に行く為に。
ストックホルムから車で4時間くらいの
Furudalって所に泊まったはずです。

ひたすら
     森
     森
     森
  DSC_0971.jpg

森以外に何もないところです。
スーパーさえ危うい所です。
する事がなさすぎて、苦手なサウナにチャレンジしてました。
太陽がでたら半袖でちょうどいいけど
曇るとジャケット着ても寒いくらいです。
8月の終わりにいったんだけど日が長くて
10時半くらいに日が暮れて、
夜中の3、4時くらいには地平線あたりが既にうすら明るかった。

蚊も少ないし良い所です。
私が滞在してるあたりは蚊が少なく、
ちょっと細長くてややブラウンですばしっこいです。
そして日本みたいに殺虫剤が簡単に手に入らないので大変です。

なにはともあれ北欧の夏は素敵です。
来年の夏にまたきたいです。

おParis

もうすぐ帰国です。うれしいやら寂しいやら。
心が複雑で、買い物してストレス発散中。
スーツケースに入りきらないんですけど。。

この前パリにいったんだよね初めて。
すごいね。都会だね。人たくさん。
おしゃれ泥棒がいっぱいだったよ。
確か3泊4日だったけど、時間足りないね。

噂のルーヴル行って来たよ。DSC_0615.jpg
ま、中に入ってないけどね。

あとシャンゼリゼ通り行って、
凱旋門みたよ。DSC_0709.jpg
コンビニとかないからドリンク買うの一苦労で
脱水症状起こしかけて瀕死だったけどね。

DSC_0652.jpgエッフェル塔見にいったよ。
登るつもりで行ったのに何故か眺めるだけで
友達と夜中のピクニックになり、
キャミ一枚だったから凍えそうで頭痛がしてたけどね。

電車に乗ってかの有名なヴェルサイユ宮殿見て来たよ。
めちゃでかす。DSC_0740.jpg
週末だったから入るのに3時間は並ぶの。
宮殿の中はいる為に。
1時間待って断念したから中見てないけどね。
その後ふてくされて庭歩きまくってたら腰痛めたね。

パリでかすぎてか体調がおかしかったけどたのしかったね。
ご飯がおいしいおしいいいい。
バゲットやスウィーツやばい。やばい。
また絶対行く。どうしてもゲットしたいのがあるから。
インク。ペンの。

口で説明するのはめんどうだけど
市内移動はこのチャリかなり使えます。DSC_0544.jpg

フランス食べ物やばす。まじおいしい。
ムール貝もおいしいし。
フランス人になりたい。

傷心

心が痛かったのに、
今度はお腹が痛いですよ。
でも明日は一人傷心の旅です。
って今はそんな傷心じゃないんですけどね。
今日だって一人でトラムに乗って買い物して来たもんね。
欲しい靴サイズがなくてちょいショックだったけど。
明日はもっと、ちょっとした一人旅です。
ここまで来といてなんですが、
びびりなんで日帰り旅行ですよ。
あ、それじゃ傷心じゃなくて小心か。
うまい。

METZ

まあ、いろいろあったんですが、
とりあえず旅行した事残しておきます。

たぶん3回目かな?METZに行ってきました。
フランスにある、ドイツに近い小さな街。
個人的にはすっごい好きな街の一つです。
ご飯おいしーし。

なんといっても大聖堂がすばらすい。
DSC_0285_20080902205640.jpgて、以前の日記に書いたかな。

駅もおしゃれ。DSC_0301.jpg
古い建物と新しいデザインがうまくバランスとれてて。
よくわかんないけど、ネットより窓口で買った方がチケット安かった。

で、ここのシュタインバーガーがめちゃおいしす。
DSC_0498.jpg是非今度食べてみてください。

んで、どこのケーキ屋さんもフランスの他の物価に比べて安く
おいすいいいい。DSC_0495.jpg
えええっっと、ここら辺の特産物、ミラベルだっけかなー。
なんかフルーツ、そのジャムとかそれ使ったタルトとか、
ほんとおいしいです。よ。

フランス危険です。
一週間で3キロ太りました。
マカロンはいろんなお店にあるけど
あまり人気ないみたいですよ。意外に。
それでもやっぱりおいしかったけど。

フランスは雨でもきれいな街です。
いつかもう少し長く滞在してみたいなー。
というわけで、誰か私にフランスの家買ってください。




台風

台風の目にいるのか、台風一過なのか、

急におだやかな天気になりまして。

そよ風が吹けば心地良いのですが、

強風となると辛いものです。

天気が悪いと、変わりやすいと、

体調を崩しがちです。

どんな天気でも強くありたいです。


About me

Donna

Author:Donna
photographer:たーこ

CALENDER
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
PREVIOUS POSTS
Archives
Categories
Search
Links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。