スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hola

mexico ryokoukiga owattanode
mata mexiconi kiteshimaimashita....

dewa mata
スポンサーサイト

mexico

ようやく、34日間にわたる、
メキシコ旅行記が終わろうとしています。
いろんな所に行き、いろんな人に会い、
いろんな事をし、いろんなものを食べました。
濃い一ヶ月だったな~。
たのしくてたのしいメキシコ。
帰国するのは残念だけど、
洗濯機と暖房があるのは嬉しいぞー。
うれすぎるぞー。
そしてネットが使えるぞー。
治安もいいぞー。
住めば都、とは良く言ったもので
それぞれの場所にいい所、まあ、悪い所もあって、
どこに住みたい?と聞かれたらわからないかも。
くそ寒いけど、モントリオールにも
いっぱい良い点があるし。
と、様々な胸に帰路へとつきました。
メキシコシティはやっぱり空気が悪いかも。
DSC_0409_20100209045644.jpg想像よりかはましだったけど。

場所や文化が様々ならば、
寝方も様々。DSC_0411.jpg

ではではまた。

すうぃーつ

メキシコは好きだけれども、
日本のスウィーツは世界一だと信じています。
あの繊細な味と見た目。

メキシコのお菓子事情は、よく知りませんが、
私が知っている限りは、ただ、甘い。
甘い。甘い。甘い。
砂糖がじゃりじゃりする。

タマリンド。DSCF3800.jpg
そら豆?を茶色くした感じですかね。
それと砂糖とチリでどうにかして作られたもの。
アンズみたいな味がします。
おっちゃんが歩きながら売ってるヤツやってみたら、
タマリンドを包んでるビニール、
元はパンが入ってたビニールを切ったモノでした。
いいのか、そんなんで。。。

これはcajetaを売ってる。DSCF3799.jpg
ミルクのカラメルソースだと思われる。
海外は油断できないので何度も確認して買ったのに
やっぱりヤギ乳入りだった。
メキシコのカフェタは牛とヤギのミルクでできてるらしい。
二度と買うものか。
羊とヤギは、肉はおろか、ミルクもチーズもダメな私です。

メキシコのポテトチップスは
味付けにライムが入ってて、私は好きです。
元からチリ入りもあるけど、
あとで別売りのチリソースをぶっかけるのが
メキシコ流。だと思う。
メキシコから買って帰ったものの、
普段チップス食べないので使わぬまま。

日本のケーキが食べたいぞー。

CHALMA

なにせ、スペイン語が話せないので、
わからない事だらけな毎日なのですが、
今日はどこかに家族で出かけるとの事。

メキシコ御得意の、1台の車に
大人 7人
子供 4人
合計 11人

ハイエースとかオデッセイとかじゃないんですよ?
少し大きめだけど、日本ならば5人乗りの車に。
車で1時間くらいの街に買い出しに行くのかなと思ったら
2、3時間、車は走る走る。

そして変わった地形に点在する十字架たちが見えてきました。
DSCF3802_20100209035559.jpg 崖のあたりに十字架がある。
カトリック教徒が多いメキシコ、
どうやら今日は買い出しでなく、
参拝だったようです。
ん?教会に行くのも参拝っていうのかな?
それは神社だけか?礼拝?
ま、無宗教な私にはわからん。

どうやらここはわりと有名な場所らしく、
お土産やさんもたくさん並んでいました。
謎に教会の写真を撮り忘れてしまったのですが
裏から見るとこんな感じ。DSCF3795_20100209035559.jpg

中は中々かわいかったです。
そしてよわからぬまま、神父さん?
教会の黒い服着た人に、
お祈りなのか、水を少しかけられる。
何の作業だったのだろうか。
スペイン語だったのでなぞはなぞのまま。

教会の裏には川が流れてて
なかなか素敵な場所でした。DSCF3792_20100209035559.jpg

それにしても、3時間以上、
人員オーバーの車に乗るのは辛い。
でもそれがメキシコー。

Ville de Bravo

果たしてこれがメキシコのどこに
位置しているかわかりませんが、
なすがまま、されるがままに行ってきました。

私がうるるん体験をしている場所よりもあたたかく
それだけでもテンションがあがります。
やっぱり寒いのは嫌いです。

あまり街の雰囲気をとらえた写真はないのですが
小さくて坂が多くて、少しtaxcoのような雰囲気。
taxcoの方が栄えてて、華やかですが。
   DSCF3751_20100209035559.jpg DSCF3762_20100209035559.jpg

近くに湖もあって、ボートとかフェリーがでてました。
ところで湖をクルーズって楽しいのだろうか。
大して綺麗でもない深い水のところを船で行く。
うーん、あまり惹かれない。

ここでもあやしげな氷入りバケツジュースを飲みましたが
健康になんの影響も及ぼしませんでした。
すばらしい。

いや~、それにしても温暖な気候って
本当に、いい。

さよならカンクン

やっぱいいね、夏気候。
太陽が気持ちいいっていいね!
そんなバケーションも終わり、
ついにお別れの時が。
さようならカンクン。

また来るよ。DSC_0407.jpg

と、飛行機に乗り、向かったのは

DSCF3744.jpg DSCF3743.jpg
うるるん紀行パート2。
見えますかね?左の写真。
右の木がこんもりしてる中に、ポニーがいます。
すごいなー、ポニーだよポニー。
右の写真はターキーかな?
こんな鳥が歩いてるなんてすごいな。
カンクンのリゾート的な雰囲気もいいけど
もう一度メキシコの生活がみたくて
メキシコシティからの帰国を延期してみました。

ちなみにメキシコというと、
砂漠にサボテンに太陽で常夏!
と思う人が多いみたいだけど
場所によっては標高が高いから意外と寒いのね。
朝晩とか普通に5℃以下になったり。
昼は20℃近くまでいくけど。

もう少しメキシコ記続きます。
では。

Isla mujeres

いろんな人に同じ事を伝えているので
もしかしたら多少内容がだぶってるかもしませんが
その時は軽く流しておいてください。

親友が帰国して久しぶりに一人になり、
少しやる気がうせつつも、
ほぼ10年ぶりのイスラムヘーレスに行ってきました。
カンクンのセントロからバスでプエルトフアレス?
に向かおうとしたものの、バスが多くて困惑していたら
タクシーがバスと同じ金額で乗せてくれるとの事。
車中でつたない私のスペイン語で運ちゃんと会話をしつつ、
バスのるならココで乗るんだよとか教えてくれて
で、フェリーターミナルについたら、
お金はいいよ!って。
結局ただで乗せてくれちゃいました。
あったかなーメキシコ。

で、フェリーは予想以上に高かったのだけれども
イスラムヘーレスへ!DSC_0392.jpg
いざ、上陸すると、観光客だらけ!
時期もあるのか、本当に観光客がたっくさん。
昔の何もなくてのんびりしてた雰囲気はいづこへ。。。
ホテルもいっぱい出来ていて、
ビーチもたくさんバーやらレストランが。
うーん。
まあ、それでも相変わらずかわいかったけど。
DSC_04.jpgゴルフカートがよく走ってる。
のんびりきれいなビーチを求めていたので
私はtulumの方が好きだな。
でも友達におすすめされたポクナっていうホステル、
今度いったら泊まってみたい。
行った人みんなが超よかった!って言ってたし。

さて、ついに翌日は帰国予定日です。
さよならカンクン。
すてきなビーチたちです。

mexicoで感じた事

メキシコで嬉しい事。
それは、マックが安い。DSCF3705.jpg
え、そんな事?ええ。
日替わりコンボが35ペソ。税込み。
1ペソ7円くらいってことは、、、安い。
しかもハラペーニョソースがある。
ハラペーニョ好きなんです。
でもプラヤデルカルメンは確か5ペソ高く、
40ペソなんです。あら不思議。
でもハラペーニョあります。
トイレもあるし、一人のとき、結構使いました。
いや、たまにか。
サンデーも、やや安く。

そんなこんなで10日間一緒に旅をした、
家族のような親友もついに帰国。
こんながさつで気分屋な私と
長年友達でいてくれる、大事な友達。
カナダでずっと一人だったし、
本当に会えてうれしかったしたのしかった。
ありがとー。
また日本かメキシコで会おう!
DSCF3735.jpg全身メキシコで購入な人(右)

Chichen Itza

つきなみではございますが、
カンクンに行って、行かない訳には行かない。
という訳で、
行って参りました、遺跡。
マヤが、アステカが私を呼んでいる!
天気も良好。DSC_0373.jpg
テオテワカン、ティオティワカン?
みたいに登れませんが、それでも壮大だ。
何せいい天気がうれしい。
確かに日差しが強いが、
なかなかのキャラを発見。DSCF3722.jpg
傘が、、、頭にくっついてる。おじさん。

グランセノテ?がセットでいけるツアーもあるみたいですが
どこで申し込むのかよくわからなくて、
結局ADOバスで行っちゃいました。
どっちがお得なのだろうか。
プラヤデルカルメンであったおっさんは、
そのツアー、ランチ付きで$40だったって。
カンクンからの方が安いのか、高いのか。

関係ありませんが、お腹がいっぱいだ。今。

Cancun

酔いが覚めてるんだけさめてないのだか、
そのまま飛行機に乗り、向かった先は
カンクーン!DSC_0369.jpg
海がやっぱ青いね~。
ホテルも大きい!DSC_0368.jpg
やはりカンクンはこうでなくちゃ。
リゾートですよ。
ホテルに泊まって、のんびりするための場所。
メキシコ風リゾート。
貧乏メキシコ旅行を求めてる人には
全く向いてない、カンクンホテルゾーン。
ま、アメリカンすぎて、
私のテンション一時下がりましたが。

ついた日は大晦日という事もあり、
気合いをいれて街にくりだす!
が、アメリカ人多過ぎて、
なんだか、ここはー、六本木ー?
な臭いがぷんぷんする。
ので、せめてもと思い、
私らはメキシカンレストランに。
みなさん、踊る踊る。DSCF3687.jpg
老若男女ほんとみんなメキシコ人は踊りうまいなー。
と思ってたら、コロンビア人とプエルトリコの方が
もっと激しくて上手だったけど。
まあ、でも日本人からすれば、すごい!の一言。
私もこんな風に踊れるようになりたい。
そしてピナコラーダで乾杯。DSCF3684.jpg
今年も宜しく御願いします。
改めまして。


Mexico city

そう、4ヶ月ぶりのメキシコシティ。
日本にいたらあり得ない。
二回目でもやっぱりちょっと治安が不安なココ。
安全なソナロッサに泊まりました。
しかも旅始まって初のホテルで、快適だー。
いいね、ホテルって。

レフォルマ通りつー、でかい通りがありまして、
そこをこえてタコス屋さんに行くのだけれども、
そこに世界一大きいらしい
クリスマスツリー発見。DSCF3601.jpg
確かに大きいが、ただの電飾だけなような。。
でも人がいいいっぱいいる。
なにがあるわけでもないのに人がいる。
DSCF3603.jpgこの予言者のおっさん流行ってる?
とりあえず、私もやってみる。
悩み解決らしい。

とりあえずあるもの試す。DSCF3609.jpg
できたてのチュロス。
甘い、が、おいしい。
できたては何でもおいしい。
そして大勢の警官発見。
ユニフォーム好きなので、とりあえず尾行。
とある事に気づく。
背の順だ。DSCF3612.jpg

そしてメキシコ人の友達が
飲みに連れて行ってくれた。
タマレスモレ、最高においしい。
これだよこれ!
道端のでなく、私が欲しかったのはこれ!
そしてテキーラ的な、メスカルを飲まされる。
飲めないの知ってるくせに。
そしてついでにビールも飲まされ、
コの後カマボラドラに。DSCF3622.jpg
電気ビリビリゲームとかお店中が一体となってやって、
最高潮に盛り上がり、たのしかったなー。

日本人は飲んだ後にラーメンですが、
メキシコ人はタコス、らしいです。

Luis Barragan

建築の知識は全くありませんが、
数少ない知っている建築家、ルイスバラガン。
連れのたっての御願いもあり、私の興味もあり、
バラガン邸の見学に。
教会とヒラルディ邸は、
残念ながら年末の為閉まっていましたが、
ホテルの人に御願いをして、バラガン邸の予約確保。
うほうほ。

近かったので一応これがヒラルディ邸。
ほー。これが。DSC_0332.jpg
初めて写真集で見た時は、おおお!ピンク!
と思ったけども、メキシコに来て、2週間。
ピンクの家なんて、意外とあるのよね。
もちろんかわいいけどもさ。
DSC_0347.jpg
そしてこれが噂のバラ眼底。いや、バラガン邸。
中はもちろん撮影禁止でしたが、
なかなか、興味深かったです。
英語のツアーが理解できて、よかった。

そのあと、暇だったので、友達おすすめの
国立人類学博物館に。
うーん、噛みそうな語呂ですね。
と、思ったのですが、チケットに並ぶ並ぶ。
疲れたので、ま、いっか、となり、
一応記念に中の撮影をDSC_0352.jpgして
退散。
酸素薄いしー。
で、露店で、また怪しげな、DSC_0359_20100128155445.jpg
ええっと、huaracheと言うらしき
パリパリせんべいに、豆ペースト、コリアンダ
そしてサルサにおそらくサボテンぽいのが乗ったのを購入。
友達的に無しだったようですが、
もはや私の胃袋は大歓迎。

そして元気を取り戻した私たちは
シウダデラ市場へ。
ここ二回目ですが、やはりテンションあがります。
民芸品ていうの?あちこちのがおいてあって、
しかも値段も悪くないです。
ポーチとかはちょっと高いかな。
でもがいこつの置物とかブリキの鏡とか
普通に安くてかわいいのがたくさん!
またたくさん買ってしまったー。
真ん中の方の日本語少し話す怪しいおじさんがいる
お店が意外とてか、半額くらいに安かった。
ブリキの鏡すごいかわいいなー。
でも先日それで指切った。。。

そして買い物でテンションあがりすぎたので
お茶を。
普段コーヒー飲みませんが、DSC_034.jpg
メキシコのコーヒーはおいしい!
シナモンが入ってるのかな。
この微妙な入れ物もかわいいし。
お店によっては変な油みたいなの浮いてたけど。

ういーす。


About me

Donna

Author:Donna
photographer:たーこ

CALENDER
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
PREVIOUS POSTS
Archives
Categories
Search
Links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。