スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Morelia

メキシコは世界遺産がほんと多い、
気がする。
ここモレリア(モレーリア?)もその一つ。
綺麗なコロニアル都市です。
ケレタロと雰囲気が似ていて,
DSC_0458.jpg ここにも水道橋があります。
こちらは50ペソ札のモデルになっているだけに
ちょっとピンクがかっていてキレイです。
カテドラルもきれいで、夜はライトアップでさらに綺麗さ倍増。
    DSC_0476.jpg DSC_0576.jpg

かわいい教会も発見しました。
いや、観光バスで連れて行ってもらったんだけど。
でも本当にかわいかったです。
ほらごらん。DSC_0462.jpg


ここの名物というえば、甘味。
暑さを口実に写真は撮り忘れましたが
カヘタやタマリンドの甘味ものがたっくさん。
メキシコの甘味ってsweetsてより、まんま砂糖です。
食べると砂糖ジャリジャリ。
ココナッツも水飴がまぶしてるだけで、
ほんとどれもこれも異様に甘い。
この前も赤い飴みたいなのたべたら、
ただの角砂糖に赤い粉が軽くまぶしてあるだけでした。
いやー、あれは食べた人にしかわからない衝撃ですね。
おいしいっちゃーおいしいけど、一口で十分です。
いろいろ買いたかったけど食べきらない自信があったので
買いませんでした。
ちなみに前回カナダのルームメイトに買って帰ったけど
一人も一口も口にしなかったという悲しい過去が。

この街は大学があるせいか、珍しく本屋さんがありました。
メキシコ、びっくりするほど本屋ありませんからね。
多少大きい都市でも本屋さんほとんどみかけません。
村には新聞なんてありませんし、
月刊誌のバックナンバーが新刊としてあるかないかです。

そしてもう一つの名物、
DSC_0575.jpgガスパッチョ?ガスパチョ?
親に話したら、それ日本のガスのCMのでしょって言われたけど
違います、それではありません。
フルーツを細かく刻んで、
お約束のチリやらチーズをまぶしたものです。
味はただのフルーツっていうより、
おかずの一種のような塩気と辛みと満腹感です。

カテドラル周辺はお手頃なレストランや
カフェ的なものがあって、夜も楽しめました。

モレーリアはミチョアカン州にあって、
そのミチョアカンはあまり安全とは言われてないのですが
無事帰還できました。DSC_0501.jpg


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

About me

Donna

Author:Donna
photographer:たーこ

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PREVIOUS POSTS
Archives
Categories
Search
Links
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。